【官能小説】出会い系の貧乳人妻は剛毛マンコのクリトリスを弄られて大量潮吹き初体験


僕はトラック運転手してます。
今から2年前に出逢い系サイトで岐阜県の田舎町の由香(当時32歳)と知り合いました。
由香は僕より3歳年上の人妻で、ちょうど仕事で走る通り道に住んでいました。
由香は細身の158センチで42キロ。
胸は貧乳フェチの僕にはたまらないAカップ。
顔立ちは田舎の人妻にしては綺麗な顔立ちで、当たりを引いた!って思いました。
国道の道の駅で待ち合わせして、最初はトラックの中で世間話したりでしたが、次に会った時の帰り際、由香が突然、
「キスしてくれませんか?」
僕はビックリしましたが軽く彼女にキスをしました。
「アナタにハマってもいいですか~!?」
って、イタズラっぽく微笑みながら由香は帰って行きました。
この時、遊びのつもりだった僕が由香を好きになってたのかもしれません…
それから2~3日にして、また道の駅で由香と会いました。
いつもの世間話から少しの沈黙があり、どちらともなくキスをしました。
最初は軽く、だんだん舌を絡め、由香の息づかいが徐々に激しくなってくるのがわかりました。
そして軽く右耳を噛むと「アアァ~ハァァ~ン」と声を出し、僕の右手はTシャツの上から由香の胸へ。
左手をシャツの隙間から直接背中に触れると、ビクッ!と由香は仰け反りかなりの感度いいみたい。
もう我慢できずにTシャツとブラジャーを乱暴に捲り上げ、Aカップの乳房の小さい乳首に無我夢中に吸い付くと、
「アァ~ン、もっと強く強く吸ってぇ!」と言い求めてきました。
胸を責めながら由香のアソコに手を伸ばし、ジーンズの上からでも湿りがわかりました。
ジーンズを脱がすと水色のパンティーが見え、アソコはもうビショ濡れ。
パンティーを脱がそうとしたら、由香は僕のモノを強く握ってきました。
負けずに由香のアソコに指を這わし、予想外の剛毛の先のクリトリスを弄ると、
「ウゥ~ッアァ~気持ちいい…気持ちいいの~」
「もうイクッイッちゃう」とビクッビクッしながらイキました。
構わず由香の股に顔を埋めアソコを舐めまわし、少しショッパイ味を感じながら舐めてると、口に大量の今まで感じたことのない味が…由香の失禁でした。
汚いと思うどころかますます興奮した僕は、由香の両足を抱え正常位で挿入しました。
「アッアッアァ~入ってる、大きいのが!」
もう自分から腰を擦りつけてきて、綺麗な顔からは想像できない淫乱ぶりに、僕は激しく突きまくりました。
そしたら「今度は私が上になっていい?」と聞きながらも、もう自分から騎乗位になり腰を前後にクリトリスが擦れるように動かし、
「イイッアァアァ~イッていい?すぐイッちゃうの!」
またビクッビクッと体をガクガクさせると同時に、僕は腰辺りに温かい感触を感じました。
由香は騎乗位のまま、また腰を振ると、動くごとにビチャ!ビチャ!と音ととも温かい感触が僕の股関から尻にかけ感じ、由香も感じたことのない感覚だったらしく、腰を上げアソコからモノを抜くとチョロチョロ~と液体が落ちてきました。
また失禁かと思ったら、匂いはそれとは違って、潮を噴いたみたいで由香も初めてだったらしく、
「私おかしい…こんなおかしい…変だよね?」
って聞いてきたけど、それは潮噴きだよって教えてあげました。
納得しない顔をしてましたが快楽には勝てないのか、由香はまた腰を沈め潮を噴き出しながら押し寄せる快感に身を委ね、
「アァ~ンダメダメまたイッちゃうの~!」と言い、僕も我慢できず、
「僕もイッていい?」
「イッてそのまま中で出して!」
マジで!?と思いながらも本能には勝てず、由香の中へ大量に精子をドクッドクッと出しました。
由香は僕に覆い被さる感じでキスをしながら、しばらくそのままでいました。
それから由香はアソコから僕のモノを抜くと、白い液体がパックリ開いたアソコから流れ出てきました。
今も由香との不倫関係は続いてます。
世間から見たらただの不倫かもだけど、お互いに好きで真剣に未来のことを考えてます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加