寝巻きの母に悪戯する息子に陰部を弄られて濡れる秘密体験


私は44才でバツ1で16才の息子がいます。
親の私が言うのもおかしいのですが、イケメンでとてもやさしいのです。
その子が1年前から私は母ではなく女として見ている様なのです。
旦那とは子供が8才の時に離婚して私が働きながら育ててきたので、ずっと2人暮らしだった訳です。
お風呂も1、2年前まで一緒に入っていました。
その子が1年前から私の裸をじーと見つめたり、私の脱いだパンティーを私が居ない間に洗濯BOXから出して触っている様なのです。
そして私は夜少し飲んで寝るので一度寝ると、ちょっとやそっとじゃ起きないのですが、去年の冬、子供が寒いから一緒に寝ようと言って私の布団に入って来て一緒に寝る様になったのですが、数日後朝起きてトイレに行った時にパンティーにシミが付いてたのです。
それは直ぐに判明しました。
私は寝る時に大きなスカート式の寝巻きを着て寝ます。
大体横向きで寝るので息子が私の背中にいる訳で、ある夜もそうでした。息子を背に身体をエビの様に脚も前にくの字に曲げて寝てたら身体に違和感を感じたのです。
そう息子が私のお尻をさわっていたのです。
最初は寝巻き越しだったのですが、スカートをたくし上げ始めてパンティー1枚越しでさわりはじめたではありませんか・・・
私はどうしていいか解らずそのまま寝た振りをしました。
息子は私のお尻の谷間に指を入れてゆっくり前に進むのです。
それはとても遅く、そしてそのまま前に進んで私のおんなの部分まで来たのです。
私も女1人で男を作らず子供を育てて来たんで、はじめてそこで自分は女なんだと言う事に気付いて、息子の指のいたずらを恥ずかしいのですが受け入れてしまいました。
子供だと思っていた子がドコで指技を覚えたのか、私のおんなの谷間をそれはそれは優しくゆっくりなめらかに進むのです。
前に後ろに・・・何度も何度も・・・私は一生懸命声を出さずに寝た振りをしました。しかし指が2・3往復した所で私はあそこをとても恥ずかしいくらいに濡らしているのが自分で解りました。
直接触られる以上に薄い濡れた布一枚越しに触られる方が、とても気持ちいい事を知ったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加